あらもと歯科医院
〒921-8812
石川県野々市市扇が丘10-29
TEL.076-248-6572
───────────────
 

矯正歯科

審美歯科

一般歯科

歯周病

───────────────

 

 
qrcode.png
http://www.aramoto-dc.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
032142
 

子供の矯正歯科(6歳〜15歳)

 

子供の矯正歯科(6歳〜15歳)

子供の矯正歯科(6歳〜15歳)
 
矯正治療は早い方がいいよ!っと言われがちですが、正確に言いますと、永久歯が生えそろう前が一番いいと言われております。
永久歯が生えそろう前、つまり乳歯の残っている段階で検査や治療を始めると、この先の本格治療に向けて万全な準備ができます。
永久歯が生えそろってから治療を始めると歯を動かすスペースを作る為に抜歯が必要になることがあります。
抜歯を避けるためには、自然にスペース作りの準備ができる乳歯段階での治療開始がベストなのです。
また、反対咬合(受け口)は、乳歯段階からの早期治療が良い結果をもたらすことになります。
 

乳歯列期反対咬合

乳歯列期反対咬合
 
乳歯列期の反対咬合
治療前
治療前
治療後
治療後
早期治療にて、受け口を治療することにより上顎の発育を刺激し上下顎の発育のバランスを整えます。

 
 

混合歯列期の反対咬合

混合歯列期の反対咬合
 
     治療前             治療中              治療後
   
早い時期における、第一段階の治療目的は、前歯の噛み合わせの障害を取り除く事です。
治療中写真の治療装置は、固定式の装置でバネにより前方に移動できます。


 

混合歯列期の上顎前突

混合歯列期の上顎前突
 
上顎前突
治療前
治療前
治療後
治療後
上顎前突(でっぱ)の治療は、成長発育が十分にあるので上顎の前方への成長を抑えたり、下顎の前方への成長を刺激します。
但しこれらの装置は、できるだけ長時間使用しなければならないので、患者様の協力で治療効果が左右されます。

 
 

混合歯列期の開咬

混合歯列期の開咬
 
指しゃぶりによる開咬
治療前
治療前
治療後
治療後
トレーニング治療によって指しゃぶりや舌癖を取り除き、自然の力で正常な噛み合わせに改善されます。

 
<<あらもと歯科医院>> 〒921-8812 石川県野々市市扇が丘10-29 TEL:076-248-6572